>

ピアノ買取査定に申し込んだら売らなければならないの?

電話で申し込みを行うピアノ買取査定は、古くから行われており、 実際に電話で生の声のやりとりを行うことから不安感が少ない反面、営業時間内に電話しなければならないなど、時間的に余裕のない場合には利用し難い面もありました。

近年では、ネットからの申し込みが可能になり、さらに単独の1社に対してだけでなく、複数社に一括査定依頼が可能なサービスが主流となってきています。

必要事項さえわかれば、PCやスマホから時間を気にせず申し込みができる点が非常に便利である反面、買取業者の実態がわかりにくく、トラブルに巻き込まれるのでは?申し込みをしたら必ず売らなければならないのでは?などといった不安感もあり、利用するのを躊躇してしまう方も少なくないかと思います。

もちろん、査定申し込みを行ったからといって、売らなければならないということはありません。ただし買取の申し込みを行い、引き取り日時を決めてしまった後などでは、キャンセル料金が発生する場合もあります。くわしくは後ほど解説します。

利用規約などをしっかりと理解した上で利用したい

ネットから申し込むピアノ買取査定は新しいサービスなので、こういった不安感をお持ちになるのも仕方ありませんが、 実際のところ、わかり難いところはサイト上にしっかりと明記している傾向にあり、利用する側が業者のサイトをしっかりと読んで理解しておけば、怖がる必要はないのです。

ネットからの申し込みが可能なピアノ買取業者では、ほとんどの業者が査定金額に変更がないこと、査定だけで実際に売らなくても大丈夫なことを明記しているので、かえって電話での受付のみの業者よりも、安全であるケースが多いといっても過言ではありません。

ピアノ買取一括査定サービスはどうなのか?

ピアノ買取一括査定サービスとは、上記のようなピアノ買取業者複数社に対して、一度の申し込みで一括して査定申込みが可能なサービスです。

登録している買取業者は、一括査定サービスが設けたある一定の条件を満たしている厳選された買取業者のみですので、単独で1社づつ申し込むよりも、安心して利用できる買取査定だといえます。

また、ピアノの買取価格は、買取業者の持つ流通網によって大きく変わってきます。 つまり、買取査定価格は買取業者によって大きな違いがあるのです。 ですので、できるだけ多くの業者の査定額を比較したほうが、より高い買取査定額が期待できるわけです。

もちろん完全無料で、複数社の買取査定額をチェックすることができますから、お手持ちのピアノをできるだけ高く売りたい(ほとんどの方がそうですが)という方には、特におすすめできる買取査定サービスなのです。

キャンセル料金の発生は売買契約が成立した場合のみ

さて、ピアノ買取査定でのキャンセル料金の発生に関してです。 繰り返しになりますが、査定金額を提示されるまでであれば、キャンセル料金は一切発生しません。

キャンセル料金が発生するのは、売買契約が成立した後に、売主側の理由で売却を中止する場合のみです。業者によっては売買契約書を交わす場合もありますが、ほとんどの場合が、査定金額に納得して、買取の依頼・引き取り日時を決定した段階となっています。

ここで気をつけておきたいのが、ネット申し込みのピアノ買取査定では、買取の依頼についてもメールのやりとりとなるケースが多い点です。 メールで「この査定金額で買取をお願いします。」というような文面を送信した段階で売買契約が成立するということになるので、業者とのやりとりを行う際には注意が必要です。